愛・地球博

Mikawa-Newsは名古屋周辺のイベントや地球博を紹介しているニュースサイトです。このブログでは写真を主体にしています。




[PR]



2006年01月13日(Fri)▲ページの先頭へ
愛・地球博会場跡地の公園名称が決定

愛・地球博会場跡地の青少年公園の名称が決定しました。新しい名前は「愛・地球博記念公園」愛称は「モリコロパーク」です。モリゾー、キッコロにちなんでということですが、閉幕から名称を募集していて決まったのはやっぱりこれか・・という感じですね。全国から3000もの応募があったらしいがやはりわかりやすいのがいいんだろうか。サツキとメイの家や児童総合センターは今年の夏に公開。日本庭園ともともとプールだったグローバルハウスも今年中にスケート場と温水プールとして再開する予定。野球場だったエキスポドームはやっぱり野球場に戻るのかな?

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年10月04日(Tue)▲ページの先頭へ
愛・地球博写真館 2(トヨタグループ館)

外壁は鉄骨と紙、その鉄骨を主構造体として内側の壁が吊構造となっていた。「こういった建物になったのは構造を突き詰めた結果」と関係者が話す。鉄骨の内側にある壁は防水処理された紙だと聞いたときは驚きました。それにしても綺麗でした。
万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月26日(Mon)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート135(サマーナイトフェスタ)


サマーナイトフェスタ
こんなイベントがあったのをご存知ですか?Club Nightと題したこのイベントはソウル界の大御所、KING OF SOULをゲストにサタデーナイトフィーバーの雰囲気で70-80年代のディスコシーンを再現したものでした。円形広場に突如現れたアフロ集団にダンスレクチャーを受け、みんなで踊りまくりました。

とうとう万博も終わってしまいましたね。あっという間の半年でした。アテンダントはさらに半年前から研修をしていたのであっという間の1年だったことでしょう。仕事を退職してアテンダントに応募した人もいます。この世紀のイベントに参加したことは大きな経験と自信になることでしょう。万博というイベントがどんなに凄いイベントだったかを数字で振り返ってみましょう。
会場の広さ 173ヘクタール、これは名古屋ドーム25個分の広さ
入場者数 22049544人、日本の人口の約6分の1
会場のキャパシティ 9月10日の28万人が最高でした、これはリニモ、観光バス、シャトルバス、自家用車が一日中会場へ向かったとして物理的に輸送できるほぼ限界となる入場者でした。30万人を達成するためにはこれにさらに自転車、徒歩などの手段で一日中会場へ向かう人がいない限り不可能ということです。
一日の最高入場者は281441人 これは全国の郵便局員の数に相当します。NTTの全社員が約30万人です
経済効果は1兆2822億円 GDPの50分の1くらいですね
会場にいるスタッフ1万人、外国人スタッフは2千人
総事業費 1900億円、運営経費550億円 一日の運営費用は3億円!
ここからは推定額で話を進めていきましょう。
一日の運営費用3億ってどのくらいだろう。TDRの一日の収入が4億円に対して万博の一日の収入は約10億円ということになります。ちなみに通常国会の一日の運営費用が3億円です。1万人の人件費が8000円×10000人で8千万。人件費って割合が大きいですね。当然約3千人のボランティアスタッフは無料奉仕。意外にかかるのが電力代、電力館は1日2千万くらいの電気代を使っていると思います。名誉総裁の皇太子様と名誉会長の首相は公務なので日当はありません、ですが警備費用が一日に驚くほどかかっていると思われます。公にされないVIPの警備費用は一日に約1千万。あくまで推定の経費ですよ。事務総長の報酬は多いのか少ないのか2千万ほど。ユーミンのコンサート費用は4〜600万ほど、一方大地の塔を企画したフミヤさんは2千万ほど、精霊たちの舞踏会を企画した石井竜也さんの報酬は1500万ほど。何度も断りますが推定額ですからね f(^^;)
環境万博と言いながら切り倒した海上の森の木は約300本、絶滅危惧種の動物も追い出してます。環境保護を多くの人に訴えるためには多少の犠牲はやむをえないといったところか・・・。
凄いってお金の話だけ?いえいえ、おそらく二度とないとんでもないイベントだったのです。イタリア館にあった「踊るサテュロス」は国外に持ちだすのはこれが最初で最後という国宝。何気に中国館に置いてあった壷も国宝なんです。日本語を喋ることが出来る世界中の人が一同に会し、話しをすることが出来たというのもすごくないですか?国立バレエ団や国立のオームストラが整理券さえ取れればですけど無料で見られるなんてのも万博ならではでした。普通に公演に行ったらチケットは2万くらいしますし、そもそも万博でもなければ日本に来る事はない楽団も来てました。新聞社さんだったら正確な数字がでるんでしょうけど。
万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月24日(Sat)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート134 (三井・東芝館)

外観が仮設の鋼管で出来ているところがまずびっくりでした。リユースの見本みたいな外壁ですね。またそれが意外と見た目はすっきりしていて伝う水もクールな感じを出しています。さて、中では来場者の顔をスキャンして映画の中に登場してしまうという世界初の試みです。主人公は加山雄三さんです、こんなところに参加してたのねってちょっとびっくり。さすが若大将、キャプテンのイメージが強いんでしょうか。かなり最初の頃に見たため内容をはっきり覚えてないのでガイドブックから引用すると「物語の舞台は遠い未来、宇宙に移住した人類の子孫たちがいまだ見たことのない地球を目指す冒険に出発する・・・。」ん?なんかどっかで聞いたような・・・。「地球へ」というアニメを連想するような気もしたりして。

最終日の最終公演を見た人にピンバッジをプレゼントすると言っていたと思います。最近では前の日の夜22時から北ゲート前に泊まりこみの人が700人ほどいるとか・・。いよいよ残りあと2日ですね。開場時点でゲート前に3万人を超える人が集まってアーリーオープンが続いています。今日明日は県警も協会も総動員の厳戒態勢を敷くと言っています。警官は通常の倍、警備員は2割増しの合計1000人で警戒にあたっています。会場周辺の渋滞とはうらはらにリニモの待ち時間は少ないような感じです。混雑を嫌って行くのを断念している人も多いはずです。まだ行けるかも??
万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月23日(Fri)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 133(精霊たちの森林舞踏会)

元米々クラブの石井竜也さんが全てのデザイン、企画をしたステージは185日の中で約130回の公演があったそうです。夕方17時からの1時間ほどのステージでは妖精たちが地球広場に踊りながら登場します。観客の中の赤ちゃんをあやしたりしながら地球広場を駆け回っていました。環境の悪化により森を追われた妖精たちが新しい森を探して移りすもうとするもののその森の妖精に試験としてダンスを披露するように言われます。主人公の妖精は人間となって環境を守っていこう、みたいな話だったと思います。f(^^;)
3回見て490枚の写真を撮りました。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月22日(Thu)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート132(ロボットステーションステージ)

遊びと参加ゾーンにあるロボットステーションではいろいろなロボットがありますが、ステージで実演して紹介しています。この恐竜ロボットは動きこそアシモのようですが、やはり恐竜が歩いている姿は奇妙です。何体かを森に歩かせてみたいですね。レースクイーンのようなロボットも間近で見るとなんとも不思議です。人形のようでも喋りだすと生きている感じです。まさに生きている人形といった感じです。玄関を開けたらこんなロボットがお帰りなさいなんて出迎えてくれる日も近いうちに来そうですね。ワカマルを売り出したくらいですし。ワカマルが157万くらいだったので玄関に立たせておくだけというものなら60万程度になるかもですね。好きな人の顔でオーダー出来るのならヒット商品になったりして・・・。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月21日(Wed)▲ページの先頭へ
今日、最後の万博に行って来ました(愛・地球博レポート131)

今日はミスインターナショナルのパレードとステージショーがありました。 今日は各館のアテンダントさんや各所の写真を撮りたかったのですが世界中のミスが見られたのはラッキーでした☆ 朝9時に仕事が終わってから行ったので会場に着くのが10時を過ぎてしまい駐車 場があいてないかもという心配もありましたが少し離れた2千円の民間駐車場に停 めました。予約はなしです、結局万博に関して事前に予約するような事はパビリオ ンも駐車場も一切しなかったです。長久手インターが混雑するのを懸念して豊田イ ンターから一般道を使ったためスムーズに着く事ができました。 より近くの民間駐車場を探してうろうろするのは時間を浪費するだけなので少々遠くてもあいている可能性の高い所に停めました。 会場に入って思ったのが人がとても少なかったという事です。企業ゾーンなんてガラガラでしたから。混んでいる企業ゾーンを避け外国館を見ようと大半の人が思ったのかな?という感じでした。逆に各コモンは結構な人出でしたがトイレや自販機は普段より空いていたと思います。16時の時点で入場者は14万人ほどだったので最終的には20万人いかなったのではないでしょうか。
(21日に携帯から投稿、22日に写真を追加しました。)
万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月20日(Tue)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 128(瀬戸会場)

この写真の日は9月3日の25万人近くの入場者があった日です。瀬戸会場へ向かうゴンドラは40分ほどの待ち時間で「たいしたことないや」と思っていたけど瀬戸会場へ着いてすぐ異変に気づきました。会場内の半分くらいの人が長久手会場へ向かう人であふれてました。こうなるともはや難民状態です。「なんとか長久手会場へ戻る方法はないの?」と係の人へ詰め寄る客がいたりレストランも行列、愛知県館は60分待ち、日本館は3時間待ち。ジャパンファッションファンタジーを見るために来たのでとりあえず会場内の模様だけ撮って早々に戻ることにしました。とはいえ、籐や藁でできた「大地と生命のオブジェ」やサインペンでできた門?も面白かったです。市民パビリオンでは高さ3メートルの仏像を手彫りする模様が見られました。一通り撮って戻る頃にはゴンドラも燃料電池バスも2時間待ち。それでは間に合わないのでシャトルバスで八草へ向かい北ゲートを外から目指しました。期間券でないと出来ない方法ですし最悪の場合は入場制限でひっかかることも考えましたが無事30分で長久手会場へ戻りました。郡読を見て見たかったのでちょっと心残りです (--;)

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月18日(Sun)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 127(NEDOパビリオン)

グローバルコモン5
NEDOとは企業同士の橋渡しをして互いの技術を有効活用させるパイプの役割をになう独立行政法人だそうで。新エネルギー・産業技術総合開発機構というのが正しい名前のようです。中は撮影禁止となっていました。プレショーとシアターの2部構成になっていて、中に入るとMIRAI君という大きなロボットがあります。入り口で渡されるパンフレットには3Dメガネが入っていてアテンダントさんの指示に従って回りを見るといろいろなものが浮き上がって見えます。自由に歩かせてくれ、壁や床の絵をそれぞれ見ていました。シアターでは3Dの映像が見られます。特にこれといってすごいものがあるわけではなく科学館で見られるような感じのものでした。どちらかと言えば子供向けに先端技術の紹介をするといったものですね。ではなぜ混むのかというと、事前予約と当日予約の割合が予約無しの人より高いためです。他のパビリオンでは予約枠は全体の20%としているのにここは予約の余りを列から入れるといった感じです。15分ごとに40人が中に入れます。その40人のうち予約無しの人は10人程度しか入れてません。なので外にあまり並んでいない割りに待ち時間が異様に長いという事です。外に40人しかいなくても最後尾の人は1時間30〜45分待つことになってしまいます。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月17日(Sat)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 126(クロアチア館)

グローバルコモン3
真っ青な壁が綺麗なパビリオンです。中に入ると廊下のような空間で両側の壁に塩を作る様子のような映像が上映されます。再生しすぎてへたったテープの画像のようにちょっと荒いです。そこで数分間の映像を見たあと教室の出入り口くらいの狭い両開きのドアを通って部屋に入ります。塩が敷き詰められた床に幅2メートルくらいの板の間のような通路がありそこを通って一番奥の通路まで行きます。ガラスで出来た仕切りの向こうへ全員が入るとなんと、上昇しはじめました。一回70人くらいでしょうか、全員が乗ったまま巨大なエレベーターで上昇すると部屋をぐるっと囲む廊下があり全員がそこから下を見下ろすことができます。さきほど通ってきた塩田のようなところに映像が写されます。登場人物が見ている全員を見上げるような感じがちょっと不思議です。クロアチアを空から散歩して終わります。酔ってしまった人が2、3人いました。グッズショップへ行くとレースなどを売ってました。と、壁に穴があり荒塩がたくさんあります。「食べられません」と書いてありますがおばさん達が次々とその塩をビニールに入れてもって帰っていました。何に使うのでしょう・・・f(^^;)

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月16日(Fri)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 125(トルコレストランソフラ・DISKO)
遊びと参加ゾーンにあるときめき愛ランドに「DISKO」という乗り物があるのをご存知ですか?なんでも日本発上陸の絶叫マシーンだそうで・・。会場も混んでいたし乗ってみました。クルクル回りながらバイキングのようにスイングします。乗っている時間が結構長いんですよ、怖いとかより涼しかったです。コーヒーカップに乗った感じが似てました。一回500円です。平日の遠足の女子校生でもなきゃ乗る人もいないので混雑してても大丈夫 (^^)

外国料理には懲りているのですが、せっかくなので一度くらい何か食べてみようとグローバルハウス近くのトルコレストラン「ソフラ」へ食べに行きました。19時くらいでしたがすんなり中に入れました。セットメニューはどれも2000円です。水すら買わないと飲めないんです。ペットボトルの持込を禁止していて店内では見張ってます(廃棄しなくてもカバンにしまえば大丈夫です)。うっかり机の上にペットボトルを出そうものならすぐに注意されます。水は250円、ジュースは300円です。

なんだかせこいなぁと夕食気分もげんなりしてきた頃、ステージでショーが始まりました。「ショー込みの値段なら納得」神楽坂の店ではベリーダンスをやっているらしいがこれはなんの踊りなんだろう・・・・。マツケンサンバを外国人が見よう見真似で覚えたような不思議な踊りでした。写真はオッケーですけど動画は注意されてました
この日とうとうクロアチアを見ることができました。「待っても無駄」「列が長いし動かない」というイメージが定着しているのでしょうか、最近では待ち時間が40分くらいだったので、行ってみたらあっさり入れました。5度目の正直です(苦笑)。クロアチア館レポートは又後日するとしてこの日は他にアンデス館、シンガポール館、オーストラリア館、ロボットステーションなどを回りました。子供の行きたい所ばかりをゆっくり回って最後はガスパビリオンの屋上から手筒花火を見ました。お化け屋敷もつき合わされて徹夜の仕事明けで行った僕はヘトヘトでした
へ(−−;)へ

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月15日(Thu)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 124(キャノピーツアー)
13日の火曜日の体験もので今日は中米共同館のキャノピーツアー編です。

このキャノピーツアーができるのはコモン2の中米共同館で時間は14時から15時30までの1時間半のみです。体につける安全器具のハーネスのサイズ上、身長130センチ以上、ウエスト55以上という規定があります。ほかに体調の悪い人、心臓病のある人、乗り物酔いしやすい人はできません、なんて規定はありますが健康な大人なら問題ないでしょう。スカートの人はできませんが。下に短パンを履いているという人はスカートを脱がないといけません。ハーネスが太もものつけねを通るからです。ワイヤーにぶらさがって一往復します。止まるときは係の方が受け止めてくれます。下手に自分で止まろうとするとキャッチする人を蹴飛ばしてしまうので厳禁ですf(^^;)
面白かったですよ〜

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月14日(Wed)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 123(ベルギーワッフルのマネケン)
13日の火曜日に行ってきました。今回の目的は食べてみたかったものや体験ものがお目当てです。もうすぐ万博も終わってしまうので今回はのんびりと家族で出かけて来ました。入場者数は20万人。最近では20万と聞くと少なく感じてしまうようになってしまいましたね。
今日は「マネケン」のワッフル編です。

ベルギー館のワッフル待ちの列に並ぶと最後尾から2時間待ち(*_*)との事。「どひゃ〜」、実際に待った時間は1時間20分でしたが買うことができました。おいしかったです。チョコが暑さで溶けてしまうのがちょっと困りものでした。同館の王室御用達というソフトも食べたかったのでこちらも並ぶとこちらは10分ほどで買うことができました。どちらも商品を受け取ったらレストランの出口のレジで支払いをします。ワッフルはプレーンがひとつ126円、チョコとアーモンドはひとつ147円。5個入り630円、6個入り840円、10個入り1260円でソフトはチョコとバニラがありひとつ600円です。ソフトの上には生チョコの大きなかけらをのせてくれます。チョコソフトに生チョコ乗せただけ、焼きたてのワッフルなんて大手スーパーにもあるでしょ、マネケンはうちの近くにもあるよ、なんて突っ込みは重々承知。万博で絶対に食べたいと思っていたのです(^O^)
ところでこのマネケン、ホームページがあります。
http://www.manneken.co.jp/
関西を中心に東京は銀座にも店はあるようですね。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月13日(Tue)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 122(水のパビリオン)

センターゾーン
ガイドマップにも載ってない密かな?パビリオンです。グローバルハウスの前にあるんですけどこじんまりとした建物です。中に入ると床には大きな映像が流れてます。そこを抜けるとミストにモリコロの映像が投影されている滝のようなものがあります。3Dシアターもあります。水のリサイクルがテーマのこのパビリオンではバイオラングの詳しい説明なども紹介されています。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月11日(Sun)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 121(地球市民村)

遊びと参加ゾーン
NGO、NPOやトヨタ自動車、コスモ石油、損保ジャパンなどがパートナーとなり持続可能性への学びをテーマに展示や交流をしています。館内の奥に暗い円形の部屋があり、真ん中には寝そべって天井の映像を見ている人がいます。ぐるっと囲んでサマーベットのようなものがあります。壁には世界の風景写真がエプソン提供で飾ってあります。エアコンも効いていて・・・・、そうここは昼寝の名所。ではないんですが、多くの人が寝ています。写真は開幕から間もない頃で今はごった返してしまうときもあります。富士通のコーナーではパソコンのリサイクルに関してのクイズがあり全問正解でうちわのプレゼントがもらえたりします。コスモ石油のコーナーでは二酸化炭素を木が酸素にする様子がわかりやすく紹介されています。損保ジャパンではあのパンダの顔のぬいぐるみを被って記念写真を撮る人がいたりします。外に出て市民の展示コーナーは色々なテーマをわかりやすく手作りでしてあります。スタンプラリーをやってます。ミニコンサートなどでゆったりと万博を楽しむ人で静かににぎわってます

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月09日(Fri)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 119(グローウィングビレッジ)

遊びと参加ゾーン
ジョンギャスライトさんプロデュースのこのコーナーは長久手会場の自然を生かした自然に触れる遊びを提供するコーナーです。ツリークライミングは人気のプログラムで簡単には参加できません、確か一日30人だったような・・・。味噌やしょうゆのたるを使った各施設は実はジョンさんの家がモデルだとか。大人でもこのエリアに入れば何か落ち着くものを感じるはずです。何か懐かしいような、子供達と一緒に遊びたくなってしまうような気持ちになってしまいました。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月08日(Thu)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 116 (わんぱく宝島)

遊びと参加ゾーン
JAが提供するわんぱく宝島では「はじめ人間ギャートルズ」という昔のアニメをメインキャラクターとし人間の体の中を口から順番にすべりおりる巨大なすべり台が人気です。荷物を持っていると困るのが難点ですが、確か大人もできたはず。わらで作ったマンモスがあったりパンで作ったギャートルズのキャラクターのパンがあったりします。ロボットステーションも併設していますが別に分けることにしました。
ここのトイレと給水コーナーは割と利用者が少ないんですよ。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月07日(Wed)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 113(日立館)

企業ゾーン
今ではすっかり難攻不落となってしまった日立館ですが、最初の頃はたいして難なく入ることが出来ました。中は写真が撮ることができませんが、入ってすぐに入場券を提示して登録します。これは退館後に記念写真をダウンロードできることになります。そしてスイス館のような機械を受け取り館内で聞きたい絶滅種の動物の説明を聞くことができます。その機械を返し、いよいよライドに乗ることになります。頭にビューアをつけてバーチャルリアリティを体験することができます。手のひらにチョウチョウがのっているかのような映像が写り空へ高く放り投げると飛んでいく。といった感じのものです。
とまあ、それだけのことなので4時間も並んで入ったりする必要があるのか?と疑問でした。そもそもTDRなどでハイテクに触れる機会の多い日本ですし。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月06日(Tue)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 111(バイオラングシンフォニー)



遠方から来ている人はバイオラングシンフォニーまで見ている余裕はないかもしれませんね、時間は20時45分からの10分間のショーです。もくもくと出るドライミストと音楽と光の競演です。幻想的なショーは一日の疲れを癒してくれます。 行列に疲れたら地球広場で休憩しながら楽しむのもいいかもですね
万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月05日(Mon)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 108(ジャパンファッションファンタジー)

9月3日の土曜日にエキスポドームでジャパンファッションファンタジーが開催されました。
愛知県内の服飾系学科の高校生がデザインし、自らモデルを務めエコ素材がテーマの30点ほどのショーに始まりました。400を超える応募の中から厳選されただけあって、雑なところはあるものの斬新で若さあふれる良い作品がそろっていました。
プログラムは5つのテーマにわかれ、
「火」デザイナー 岩谷俊和、「地」デザイナー岡 正子、「風」デザイナー津村耕佑、「水」デザイナー森英恵、「空」全作品ラインナップでした。
アコーディオン奏者のcobaさん、筝奏者の中垣雅葉さん、ホームメイド家族も参加し、ショーを盛り上げました。司会はNHKの廣田直敬アナウンサーでした。
ゲストモデルに森英恵さんの孫である森泉さんが出演していました。
本当に凄いショーを見ることが出来て感激しました。でも中にはせっかく整理券を入手して観覧したにもかかわらず居眠りをしていた人がいたのは悲しかったです・・・
万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月04日(Sun)▲ページの先頭へ
最近の万博事情
今後入場を予定している方へのアドバイスです
ガイドブックや当サイトのガイドウェブなどで事前にしっかりと狙いを定めておくことです。会場内でガイドブックを見て次はどこへ行こうと考えているようでは時間を浪費します。
人気館集中型となっているので皆が「トヨタ館」「日立館」「三井・東芝館」へ集中するのを逆に利用し、人気館以外へ行く
超人気館は朝イチを狙ってひとつだけ選ぶことです。
入りにくい順に書きます
・日立グループ館(開場15分で一日分の整理券が終わります)
・トヨタグループ館(朝一番もしくは夕方一番でたいてい見られます)
・三井・東芝館(朝一番なら必ずストレスなく見られます)
・ドイツ館(オープンが9時半ながら朝イチなら30分待ちくらいで並べます)
・赤十字館(意外と超人気で朝イチでなければ2時間待ちになることも)
・クロアチア館(こここそ難攻不落?4回並んであきらめました。故障やスタッフの都合、スタッフの遅刻によりいつも列が止まっている)
・NEDO(朝のうちに予約しておけば割と簡単に入れます、待ったところで120分ですし・・)
・長久手日本館、大地の塔(120分待ちなんてこともありますが朝イチに行けば40分ほど)
とここに挙げたものは朝イチにひとつを選んでいくことをお勧めします。その他の外国館は30〜50分待ちぐらいですね。午前11時くらいまでは割とストレスなく入れます。
13時から16時という混雑時間帯をどう過ごすかがカギですね、ここにうまくグローバルハウスなどを予約しておくのもテです。時間を狙って整理券なんて取れない、事前予約が取れなかったという方も安心です。9時半頃に整理券をもらいにいけば14時くらいになると思いますよ。あとは比較的空いている愛知県館や外国館、わんぱく宝島へ行ってみるとかサツキとメイの家外周コースを散歩してみるとかがお勧めです。17時を過ぎると夕方のお客さんが入ってきて再び混み始めます。閉館間際の21時前にザザッと外国館を回るテもあります。
☆入手困難なペットボトル?!
現在場内で飲み物を入手するのが困難です。というのもペットボトルの自販機がかなり減っているからです。7箇所くらいしかないでしょう。あとはワゴンに変わっています。3日はペットボトルの待ち時間は1時間、カップのジュースにも列がありワゴンなどにも長蛇の列です。販売しているワゴンなどを見つけたら3、4本まとめて買っておくべきです。カラのペットボトルを一本とっておいて給水サービスで補充するのも良いです。
☆トイレも1時間待ちの長蛇の列
コモン1、コモン2、コモン3などのトイレは超長蛇の列です。どうしても我慢できない時は先頭の人にお願いして入れてもらうのも大事ですが空いているトイレを目指ほうが良いです。比較的空いているトイレを書いておきます
企業館、コモン1、コモン2から近い
・ガスパビリオン横
・地球広場のコントロールセンター(フィールドスコープ)横
・エフエムラバース横
・同じくトルコレストラン「ソフラ」裏

コモン3、コモン4から近い
・コーカサス共同館の向かいのインフォメーション横
・エキスポドームの左横、森の自然学校へ行く階段を降りたところ
・エキスポドーム右にあるトイレも比較的空いてます

コモン5のトイレも意外と空いています。

コモン6、遊びと参加ゾーン近く
・地球市民村内
・円形広場横
ロータリー館の中やロボットステーションにもトイレはあったと思います。辛い思いをするよりも割と近くのトイレを目指しましょう。なお、混雑状況は日によって違うので上記のものが絶対ということではありません


万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月03日(Sat)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 106(出たぁ、最多入場者数更新です)
9/3 22:50モブログ投稿
9/4 写真追加と加筆しました



18万人越え確実の今日、万博へ行って来ました。かなりの人が来場すると予測はしてましたが今日はジャパンファッションショーが見たくて行って来ました。
7時に着けば十分と余裕で行ったらすでに民間駐車場は満車だらけ、歩いている人の数も朝の割にやたらと多い。
ちょっと離れた2000円の駐車場に止めました。昼間からはあちこちが人だらけ、こんなに並んでいるのは見た事がありませんでした。それもそのはず今日は16時の集計時点で20万8千人の入場者がありました。
瀬戸会場に行ったが最後、長久手会場に戻るゴンドラは2時間待ち。燃料電池バスも同じく2時間待ち。
別の方法を使い30分で長久手会場に戻りました。
(以下9/4加筆)
結果的に25万人近く入りました。この混雑の理由は以下の通りです。
・閉幕まであと3週間となり駆け込みがあったこと
・台風が迫っており、日曜より土曜という意識が働いたこと
・天気予報で日曜が雨の可能性があったこと
・夏休みは混雑するからと我慢していた社会人が夏休み明けの休日で出かけた
・夏休みに万博へ出かけた子連れ家族のリピーターがいた事
・テレビで会場内装飾品などの即売のニュースが放送されたこと
・天候悪化や季節が秋へと以降して涼しくなるのではないかという期待感が働いた
・夏休み明けの最初の土日は比較的空いているはずという裏技的意識が働いたこと
・名古屋近辺で大きな行事(例えばどまつりなど)がなかったこと
などが挙げられます。いろいろな意識がうまい具合に悪く重なるとこういう特異日が発生します。逆に今回働かなかった心理としては、17万、16万と続いて次の日も多いのではという意識が働かなかったことです。通常は14万、12万と続くと「今日も空いているかも」という意識が働いて増えるものなのですが。これは閉幕が迫った焦りが打ち消したと考えられます。
万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月02日(Fri)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 105(中米共同館)

グローバルコモン2
エルサルバドル共和国、グアテマセ共和国、コスタリカ共和国、ニカラグア共和国、パナマ共和国、ベリーズ、ホンジュラス共和国の7ヶ国で構成されている中米共同館では入館前に海や熱帯雨林、昆虫、鳥などを映像で紹介しています。中に入ると珍しい砂の展示があったり、マヤ文明、トルテカ文明、オルテカ文明を紹介しています。中米産の色々なコーヒーが飲むことができるのも魅力です。ここで人気なのは滑車でロープを渡るキャノピーツアーです。女性はスカートでは出来ないので下にスパッツなどを用意していく必要があります。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年09月01日(Thu)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 104(アフリカ共同館)

グローバルコモン5
コモン5にある巨大なパビリオンがアフリカ共同館です。ワールドスタンプパスポートを持って中を回るとページが足りなくなるほどスタンプがあります。それもそのはず、ギニア、ウガンダ、コンゴをはじめ28ヶ国が共同出展しています。入り口から出口へ歩いて行くとアフリカ大陸を北から南へ順番に旅をするようにまわって行くことができるように配慮されています。それぞれの国が文化や生活を食器や仮面、織物、写真、彫刻などを展示することで紹介しています。マーケットも大きく、首飾りなどが売られています。木彫りの人形などが好きな方には向いているかもです。ヘナアートのほうが禁止されてしまったので代わりに?髪を編んでくれるコーナーが登場していました。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年08月31日(Wed)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 102(サウジアラビア館)

グローバルコモン1
3つのゾーンで構成されている館内では入ってすぐは砂漠での生活の様子などが紹介されていて、次にサウジアラビアの工業を紹介しています。石油の産地らしく色々な原油が置いてあります。普段、原油というものは見ることがないのでちょっと珍しいですね。壁にかけられた巨大なカーペットは推定数億円はするでしょう。常に警備員がいますし・・・。そして3つめのゾーンには サークル型のシアターでアラビア半島の壮大な自然遺産を紹介しています。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年08月30日(Tue)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 100(夜景 〜大地の塔〜)

万博記事がとうとう100を数えることになりました。紹介していないパビリオンも結構ありますが、撮影が禁止されているパビリオンで隠し撮りも出来ないようなところは写真がありません。サツキとメイの家は絶対に閉幕後も残すと思っていたので最初から閉幕後に行こうと思い観覧申し込みすらしてないです。イベントの写真も結構あるのですが、パビリオンの紹介→イベントの紹介という順番にやってその後は夜景シリーズでも掲載しようかと思っています。万博百景というのもありかな・・・
遠方から来ていくつも見ることが出来なかったり、外出できないような病気の方で万博に来られなかった方や興味はあっても忙しくて来られなかった方々に出来るだけ多くの写真を紹介したいと思っています。
裏技の類はなかなか表だって書くわけにもいかなくなってしまっているのであまり書けませんが、最近の事情といった記事はまた書くつもりです。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年08月29日(Mon)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 99(24時間テレビ編)

28日に愛・地球広場においてマツケンサンバがありました。外国館スタッフ有志で構成された愛・地球ダンサーズも参加し地球広場を埋め尽くした観客も一緒になってマツケンサンバを踊りました。24時間テレビの中での全国生中継もあり盛り上がりました。写真は本番前に中京テレビの松岡陽子アナウンサーの指導で踊りの練習をする様子です。松岡アナウンサーの指導はわかりやすくてちょっとコミカルでした。いつも元気で明るい松岡さんが出ている中京テレビの「EXPOプレス」は平日の毎日10時45分から(金曜日は10時20分)放送しています。25、26日に番組に出てなかったのはもしかしたら特訓していのかも・・・
本番中の写真はありません f(^^;)

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年08月28日(Sun)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 98(ボリビアファッションショー)

8月27日、28日にグローバルコモン2のイベントスペースにおいてボリビアファッションショーなるものが開催されました。アルゼンチンのデザイナーによる作品で1時間以上の本格的なショーに見ていた人も釘付けになっていました。モデルさんにはパビリオンスタッフも加わっていました。着替えの待ち時間にはちょっとしたスペイン語レッスンなどして司会の方も盛り上げてくれました。ご要望があれば特集を作りますのでコメントにでもお願いします。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年08月27日(Sat)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 97(三河ファッションショー)

蒲郡市の日である8月27日に長久手愛知県館のおまつり広場にて三河ファッションショーなるものが開催されました。繊維の街である蒲郡の生地を使ったファッションに観客のみなさんも魅入っていました。10月9日の日曜日にラグーナ蒲郡でファッションショーがありますので、見逃した方は行ってみてはどうでしょうか。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


2005年08月26日(Fri)▲ページの先頭へ
愛・地球博レポート 96(南アフリカ館)

グローバルコモン5
展示物が多く、シーラカンスや「イブの足跡」、工芸品に人骨まで様々なものが展示されています。南アフリカ共和国の鉱業や研究開発などの展示もあります。

万博関連記事目次はここ
もっといろんな記事が見たいぞという方→人気blogランキングに投票してね


1 2 3    全64件


このブログは
三河ニュース
のグループで
ロリポ版ブログMikawa-News BLOGの「のブログ」版です
B1グランプリin豊川特設サイト
募金サイト イーココロ!



カレンダ
2017年9月
         
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ
2005年 (136)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (6)
7月 (8)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (13)
2006年 (325)
1月 (23)
2月 (36)
3月 (31)
4月 (25)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (25)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (26)
11月 (25)
12月 (34)
2007年 (237)
1月 (25)
2月 (27)
3月 (26)
4月 (22)
5月 (23)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (20)
9月 (12)
10月 (18)
11月 (22)
12月 (15)
2008年 (203)
1月 (26)
2月 (24)
3月 (17)
4月 (19)
5月 (18)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (20)
9月 (16)
10月 (15)
11月 (12)
12月 (9)
2009年 (90)
1月 (11)
2月 (8)
3月 (8)
4月 (13)
5月 (11)
6月 (9)
7月 (4)
8月 (7)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (2)
2010年 (51)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (5)
6月 (4)
7月 (1)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (3)
11月 (4)
12月 (1)
2011年 (45)
1月 (3)
2月 (4)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (14)
11月 (1)
12月 (1)
2012年 (1)
1月 (1)
2013年 (12)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (1)
11月 (2)
2014年 (24)
1月 (6)
2月 (1)
3月 (1)
5月 (3)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (2)

アクセスカウンタ
今日:90
昨日:80
累計:1,615,958